CSSの基本とは?

CSSとは一体なに?

CSSとは、Cascading Style Sheetsの略で、ウェブページのスタイルを指定するための言語のことです。一般的に、文書のスタイルを指定する技術のことをスタイルシートと呼びます。そして、HTMLやXHTMLなどで作成するウェブページにスタイルを適用する場合に、スタイルシート言語であるCSSを利用します。HTMLがウェブページ内の各要素の意味や情報構造を定義しているのに対し、CSSはそれらをどのように装飾するのかを定義します。 一般的に、ウェブページに表示されるサイズ、レイアウトなどのスタイルや、プリンタなどで出力する時の出力スタイル、音声の再生スタイルなどのことを指定することができます。

スタイルシートを必要とするワケ

現在ウェブページを制作する言語として広く利用されているものの多くは、装飾目的の要素や属性を持っています。また、特定のタグでレイ後をまとめる方法等を駆使すると、HTMLだけでウェブページの見え方を制御することもできます。 しかし、ウェブページのカスタマイズにHTMLを用いるべきではない理由があります。HTMLは情報構造を定義するための言語であり、表示方法のために使ってしまうと、本来の使用方法ではないため、文書の情報構造が正しくなくなってしまうからです。このような状態になってしまうと、情報を活用することができなくなります。また、HTMLを使用するとブラウザによってタグの表示方法が異なる場合があり、異なる環境下で全く違うレイアウト表示となってしまう可能性があるため、CSSを使った方が良いのです。